ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:アスペルガーな娘

4歳:トイレトレーニングの壁│こだわりととらわれと不安症

2014-04-15 Category:アスペルガーな娘
『小』の方は3歳の頃にトイレで出来るようになった。しかし、『大』の方はトイレでやる概念がないらしい。頑として座ろうとしない
保育所では『大』はもよおさないらしく、家で必ず漏らす。
休日はお昼寝時間に寝てようが起きていようが必ず漏らす。
時間を合わせてトイレに座らせようにも、夜は食事中のたそがれ泣きの最中だったり、昼寝時間の最中だったりで親がタイミングを計れない。
どうして、わざわざこのタイミングなんだ……!
ある時、子供用便座のかわいいキャラクター物のを購入。本人にちらつかせた所、数日でトイレトレーニングクリアー。
4歳になって間もない頃だった。
しかし、昼寝時間中の粗相はまだ続く
■今だから分かること
まず、彼女の場合、おしりが小さく子供用便座が不安定だったこと。
その対策にオマルにしたわけですが、彼女はその感覚が嫌だったようです。
そして、親や大人がだんだんと真剣になるに連れ恐怖心や不安を憶え、頑なになっていった感じがあります。『分かってはいるが、やらない』パターンの典型です
それ自体がなんだか嫌なものとしてとらえられてしまう感じ。
彼女の場合は物欲に弱く、おやつなどの釣りが非常に効きますが、そればかりになり打算的な行動になっていくことが多いので正攻法を……と考えたのが敗因でした。
結局、ある程度体が大きくなったタイミングで、彼女の好きな便座を選ばせて、それで誘導した形になります。
彼女の場合、最初に手こずっても、一度できればその流れに乗ります。
しかしこの後、5歳の半ば近くまで自宅でのお昼寝時間中での粗相が続きました
理由は
『お昼寝中は起きてはいけない』ルールと、
『トイレ行きたくなったら行く』のどちらを取るかの不安。
そして、『お昼寝の終わりが分からない』のが大きな所です。
これらが5歳までかかったのは、彼女が人の意見と自分の考えが違うと激しく拒否する思考で、他者のアドバイスを自分のことと受け止めようとしない性質が災いしました。『トイレに座ったら?』もダメですし、『行きたくなったらいくんだよ』と何度言っても迷っていたようです。自分の考えとは違うので……
そして、【起きる】がもう寝なくていい『起きる』と、途中で【目を覚ます】ことの『起きる』が頭のなかで衝突していたのもあったのではないかと。だから『起きたらトイレ』と言われても『(まだ昼寝している時間だから……)』と我慢し、失敗する……。
また、これは一般的なのか分かりませんが、ASの子どもの中にはおむつの中で排泄する感覚を心地よく思うタイプの子もいるらしく、彼女の場合は『困ったことではない』という状態だったのも裏目に出ていたように思います。
悪びれた様子も一切ありませんでしたし、恥ずかしいとも思っていないようでした(教えても違う考えだからフリーズして聞かない)。
これは彼女がロタ、ノロに罹ったときはとてつもない感染源になり、私も死にかけました。それはもうマヂで。
そして、わが家のトイレはリビングを通らなければならないため、彼女の異常行動に追い詰められていた頃は『そこまでして親のいるリビングに来るのが嫌なのか……』と悲しい誤解を受けることにもなりました。ASDを理解していなかった頃、そして彼女の特性を知らない頃、彼女も何を考えているのか一切話さないため解らなかったのです(遠目)。

【関連記事】⇒人のせい・逆ギレ

スポンサーリンク
拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha