ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:アスペルガーな娘

4歳:人のせい、無意味な怒りの言動の裏│アスペルガー娘の表層思考

2014-04-10 Category:アスペルガーな娘
突如へそを曲げる。
悪態をついたり、完全に顔をそむけ『ふん』とやる。そのまま数日もどらない。
理由は全くわからない。そしてそのまま激しいパニックになる
ある日、保育所から帰ってきた娘はあまりに感情的になっていて、玄関を上がろうともせず唸り声をあげて泣き叫ぶ。何を言ってもただただ私を睨みつけ、言葉にならない声でわめきちらす。
いい加減に頭にきて怒鳴った。
どうして泣いているのか言葉で言わなきゃわからん!
娘は非常に聞き取りにくくも大きな声で告げた。
ドアが開かない!
激昂の理由が分かるまでに数日を要した。
■今だから分かること
この時を解説すると以下のようになります。
1:彼女は保育所であった嫌なことに心痛めていた。←本人しか知らない
2:彼女にとって母親はこの気持ちを『当然わかっているもの』なので慰めるはず。
3:しかし、母は慰めてくれないのでへそを曲げた。酷い。
4:そうしても慰めてくれないので家に入るのを拒否。許せない。
5:母は先に家に帰ってしまった。酷い。許せない。
6:車のドアが開かない。酷い。許せない。怖い。
7:泣き叫んだら母が来てくれた。酷い。許せない。怖い。嬉しい。
8:父が玄関に立ち泣いている理由を聞いてきた。
9:当然『ドアが開かない』と私は答えた。
まず、私の常識でいえば『2』の段階でアウトです
そしてこの、『当然わかっているもの』の認識が間違えていることを彼女は理解できず、常に親に対して不快感を表していたのです。
だから結局、最初から最後まで一度も彼女は『自分の気持ち』を口にしていません。
冒頭の『突如へそを曲げる』もこういった事が引金になり、親の思いもしないところで娘は激昂、親に抗議の悪態をついていたのですが、それすらも『当然わかっているもの』のはずである親は無視。怒りは頂点。
知らんぷりを決め込みますが、不安と寂しさと愛欲に潰されるのが数日後、しかし今度はそのパニックに押しつぶされていて『どうしていいかわからない』となっていたわけです。
彼女にとっては『自分の想い』を親は『当然わかっているもの』であり、彼女の思う親の考えは、当然『親もそう思っている』という認識だったわけです
最初にこれが当たり前だと思ってしまったことでこんがらがっていたのでしょう。
彼女にとって自分と他者との違いが非常に薄く、一部重なってしまっていた状態です。(実際、『8』の段階ででも娘はあからさまに不快感を……父親も『当然、理由を知っているもの』だった)
自閉症スペクトラムの特性として、『表層的に受け取ってしまう』という特徴があります。
例えば前にあげたら喜んだお菓子を、もう一度あげようと持って行ったら、仕事中の相手は『ごめん、今(いそがしいから)いらない』と答えたとします。
定型の場合は『ああ、今は忙しいのか、後で出直そう』と考えたり、相手の事情に気がつく事ができます。
しかし、極端に言えばASの場合、相手の【忙しい】【今は】などの事情を状況から察知できず、『断られた!』とショックを受けてしまい、次から持って行くことに『拒否される』と不安になってしまうことも
娘の場合もこれに似たメカニズムがあり、私の『どうして泣いているのか口で言わなきゃわからん!』に対して、父親が聞いている事情を理解できず思考を展開。
自分の中の理由を『保育所での嫌な気分⇒お母さんが慰めてくれない⇒閉じ込められた』などの多層構造で考えられず、一番直近のショック『ドアが開かない』になっていた訳です。
また、ASDの特性と言われる『言葉通りに受け取ってしまう(例:えりを正しなさいなど)』もこういった中に含まれていたのかなぁと。
つまり、娘は『ズレていた』わけであって、『悪気があったわけではない』ということになります
よくASDを学ぶ上で手にする本や、サイトの情報にはこの『悪気があるわけではない』という記述があります。これはASDを知っていなければ幼児を相手にする親には難しいですし、また、知っていても自分の子どもの思考がハッキリわからないことには実感もできません。
これを知識ではなく、実感として経験できるか出来ないかで、親としての不安や苦悩は全く変わってきます。
私がこれを娘に確認出来るのは5歳の終わりです。結局、娘の情緒の発達が進み、ある程度の会話が成立しない限りはそれを理解できなかったということになります。
※こちらのウェブ漫画で非常に分かりやすくこのへんが紹介されています。
「漫画で読む発達障害」
※こちらのサイトの記事も参考になります。
「石が悪い」という発想│意味不明な人々

【関連記事】⇒長男が人との距離を理解した時

スポンサーリンク
拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha