ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:軽度アスペルガーな長男

長男

5歳:ひどく優柔不断で繊細過ぎるメソメソ期間│不安症の裏側

2014-04-21 Category:軽度アスペルガーな長男
『どっちがいい?』
選択を迫られると、些細なことでも煙が出るまで悩む。軽い気持ちで『今夜なに食べたい?』すら危ない。メモリがそこに大きく持って行かれて、他の事への反応がガタ落ちになってしまう。しかも数日後に『やっぱり~~が良かった』なんて数日掛けて言い出すことも。
また、普段わかりきっているような事でも、大人が近くにいると
『これでいいの? これでいいの?』
と手元を見なくなってしまうため、人の多い場所でのゲームなどでオドオドしてしまう。そして、その判断力の弱さを突かれると、
『どうしてそんなこと言うのぉ~』
とメソメソ泣きだしてしまう。
■今だから分かること
これは6歳を過ぎる頃には、いつのまにやらなくなっていました。
原因として考えられることといえば『0か100か』『マルかバツか』の両極的な発想が、年齢的に求められる社会性の中で、多くの矛盾を生み出していたではないかと。だからただでさえ悩んで決めたことなのに、『遅い』や『優柔不断』と言われると、相当に悔しかったものと思われます。
ふつうの子よりも難問として戦っていたのですから……。
つまり、社会通念上に言われる『びびり』とか『男らしい・らしくない』とは違う範疇での問題です。その証拠なのか、当時、彼の優柔不断に対して、打開策につながっていたアドバイスは
選ばなかった方は次の楽しみにすればいい
などの【生きるか死ぬかの話じゃない】と認識させることだった様に思います(実際本人はそれぐらい大きく受け止めていたふしが……)。
人の多い場所でのオドオド状態は、『行き当たりばったり』の楽しさや、失敗から生まれる楽しさを強調して伝えていました。とあるイベントでゲームに参加し、彼の失敗から会場を沸かす(笑いがとれた)事があり、
それ以来、何か吹っ切れたように『行き当たりばったり』を楽しめたようです。
なんだか若手芸人の『吹っ切れた』エピソードのようですが、彼の中で、『0か100か』以外の事実との遊び方に、折り合いがついたということかも知れません。

【関連記事】⇒大事な話の時は目を見るな

スポンサーリンク
信頼感増加・ストレス緩和【オキシトシン】

「オキシトシン」が自閉症などの「自閉スペクトラム症」の症状に効果!
東大医学部の研究チームが実証!
(我が家でも現在使用しています)

拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha