ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:手記

手記

自閉症スペクトラム(アスペルガー)の特徴:『トイレ!』に鈍い?・感覚鈍麻関連

2014-03-17 Category:手記
自閉症スペクトラム(アスペルガー)に見られる特徴の一つに『感覚鈍麻(かんかくどんま)』があります。
これは単純に触れたものの感覚が鈍いことだったり、痛覚が鈍いことだったり(知らないうちにアザが…とか)。
その中の一つに、自分の生理的感覚に鈍いと言うこともあります。
うちの当事者3人が共通している感覚の鈍い点には、

……! ああ、この変な心境はトイレに行きたかったからか!

とか

お腹が気持ち悪い……。 !? ああ、お腹すいてきてるのか!

とか

なんだろう、この心のモヤモヤは……。ああ、熱出てた!
など、こういった【自分のからだの信号に鈍い】というポイントが有ります。
そしてこの信号が【なんだか解らなくて薄っすら困惑する】という特性もあります。
この【なんだか解らなくて薄っすら困惑する】が、
ローキックの様に地味~に本人の余裕や体力、使えるメモリを削っていることがあり、『なんかぶっきらぼうだったなぁ』とか『なんであんな嫌な言い方したんだろう?』って時には、結構この困惑が効いていたりします。
トイレ程度であれば『急によそよそしくなったなぁ』で済みますし、ある程度わかりやすい感覚なので困惑するまでには行きません(幼少時は頻発だった。今は誰かがトイレ行くのをみると思い出すのか、突如ラッシュになる)。
数日間家の空気がおかしくなるのは『風邪ひいた時』です
引き始めの悪寒などに鈍く、本人も知らないうちに困惑が始まり、熱が出るなどのわかりやすい症状になるまで謎の焦燥感や不安感に襲われているようです。
現在では、急によそよそしくなったり、さらっと暴言を吐いた時は『ああ、明日か明後日、熱出すんだろうな』と準備をするようにしています。
ちなみにこの『感覚鈍麻』は定型でも起きる人は起きますし、神経系統の発達段階にある幼児などでは見られるようです。
風邪の引き始め前には急に不安になりだすとか、グズりがとまらないとか
当事者がおられる人はちょっと思い返してみてください。
構えがとれるようになる事があります。
そして当事者の方はそういった感覚の時は、複雑な判断を必要とする作業は控えたほうが良いかもしれません。

【関連情報サイト】感覚過敏とその詳細はこちらのサイトが参考になります。
感覚過敏症とアスペルガー症候群 ―感覚統合による対応―│(きこえとことばの情報室)

スポンサーリンク
拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha