ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:軽度アスペルガーな長男

長男

4歳:【偏食?】食わず嫌いを解決したアスペルガー長男

2014-04-01 Category:軽度アスペルガーな長男
初めての食べ物や調理だといつまでもモグモグ……。場合によってはバッチリ箸で避ける長男。
だから『苦手なのかな~』なんて優しくすると、一気に『食べられないモノ』だらけになってしまう。
そうじゃなくても【とりあえず文句】を言う。
触れるくらい近くにまで指をさして、『これなに?(いぶかしげ)』と疑う感じや、『これ、ここにゴミがある(←調味料の粒子)』など、食べる前に気になることがあると、もうそれは食べ物ではないようだ。
特に乾いた食感のものや、歯触りがにゅるっとするものは、理解が出来ないといった具合に食べようとしない。あまりに意識しすぎて、飲み込むことができなくなるようだ。
そして喉を刺激して吐いてしまう。
■今だから分かること
彼は単純に好き嫌いをしていたというより、『新しい食感』や『舌触り』に気が行ってしまい、飲み込むことが出来なかったようです。4歳中盤くらいまで、まともにごっくんして食事を終われることがなく、本人もかなり苦手意識を持っていたように思います。
現在は克服して、飲み込むのが苦手なのは、飲み薬の時だけになりました(大きさではなく、形状やコーティングの種類で戸惑う)。どうやら喉の使い方があまり上手くないようです。
単純に食感などが気になって食べられない状態は、ちょっとのポイントを違和感と感じてしまう『こだわり』や『とらわれ』も絡んでいて、楽しんで食べる気持ちになっていない事が大きかった気がします。
嫌な記憶と抱合せにならなければ、その違和感を取り除く手助けをするかたちだけで、長男は食べず嫌いを克服していきました。
違和感を一つ一つ説明し、『食べ物ごとの食感』と『料理ごとの違い』などを納得させることで彼の疑問をなくすしかありませんでした。
味や食感で完全にパニックを起こしたり、喧嘩腰な口調で文句を言ってしまうクセのある娘と比べればかなり話が通用する方ではあるのですが、それでも時間は掛かりました……。
彼の場合は
『これは鶏肉。ニワトリのここの部分(←身体で部位を示す)。脂が多いから美味しい。食べると筋肉とかキレイな髪の毛になるよ』
とか
『これはキャベツ。はらぺこあおむしの大好物。大きくて美味しい葉っぱ白菜とかの仲間。緑色の野菜は食べると悪いバイキンと戦ってくれる』
など、変な先入観がつく前にまず説明がミソでした。
その気になるように微妙な表情の変化を見分けながら、反応しそうな話題に誘導。最終的にノリノリになった頃、『◯◯みたいに強くなる』でだいたい落ちてくれました。
食べないのが続くと、作っているこちらが悪いような雰囲気になったりしちゃいますが、嫌だから食べないんじゃなくて、戸惑っちゃってるんです。
気になっているから変な言い回しの『文句』のような質問が出てくるわけです。
さらに戸惑っているので表情はいぶかしげ。
本人は結構純粋な気持ちで質問していたりします。
それでもやはり、『みどり=苦い』などの先入観で食べないこともあります(ここまでくるには激痩せなどいろいろありました)。
そんな時は『父さんも今、食べてる。毒じゃない。食え』とちょっと乱暴な言い回しですが、笑いながら江戸っ子口調で親の余裕を演出しつつ、軽く後押し。ポイントは目を合わせないこと。
真顔だと余計に不安になったりしますので。
だんだんと余計な質問が減ってきて、食事を楽しむようになってきた頃に
『そう言うのを聞くのは作った人に失礼』とか
『その言い方は外のレストランだと怒られるかも』と、
真面目な顔で指摘して教えていきました。
ちなみに細かな食材の説明を繰り返していたら、健啖家で美食家になりました。
(ファーストフードを嫌い、微妙な食材の違いの分かる男になってしまった……)

【関連記事】⇒2~3歳:ごっくんできずモグモグ・グズグズ(口内の感覚過敏など)

スポンサーリンク
信頼感増加・ストレス緩和【オキシトシン】

「オキシトシン」が自閉症などの「自閉スペクトラム症」の症状に効果!
東大医学部の研究チームが実証!
(我が家でも現在使用しています)

拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha