ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:軽度アスペルガーな長男

長男

2~3歳:アスペルガー長男、魔のイヤイヤ2歳時代の様子

2014-03-25 Category:軽度アスペルガーな長男
何で泣き出すか分からない。何でパニックを起こすか分からない。分かれば対策がとれるけど、何で癇癪を起こしているのか分からない事がほとんど。
お出かけするとパニック原因になることが散乱しているらしいが、親の自分には悲しいかな、なぜそれが原因なのかわからない。
だからと言って家にいても、いちゃもんに近い感じで何かを起こし、『イヤイヤ』『ちゃーい(違う)』からの癇癪。そばから離れないので、なおさら辛い。そして一度泣き出すと手がつけられない。
外は地雷原、中は一斉掃射。
彼の『許せない』は無限に広がるようだった。
■今だから分かること
もう、途方にくれるとしか言いようのない時期でした。機嫌の良い状態は数日に数十分しかないのではないかと思うくらい。そんな中でも少しだけ方向性をつかめむきっかけになったのは以下の2つ。
『◯◯したい』の要求のほとんどが、欲求ではなく親を動かすことだけが目的。
やっと憶えた言葉を突如辞めて、全て一文字で済ます様になり、伝わらないと癇癪。
どちらも『親』を通じて『他人と自分』を知る行為です。単純に甘えの様にも見えますが、単純に構ってもらう事が目的ではなく、癇癪の起こる範囲が『一字一句』な完全一致を求めていました。
情けない話、完全に『もう手におえん』が頭を何度かよぎったこともありました。ただ救いだったのは彼が徹底的に試行したこと、こちらが『無理なものは無理』『一定のルールに従わなければ自由なし』など、ボーダーを引いて越えさせなかったため、比較的短期間で済んだこと。
期間的には1歳後半~3歳終わりまでです。約2年半ちょいの戦いでした。
爪痕としては完全に妻が引いてしまったことと、続く娘の長期間のイヤイヤ期到来(1歳中期~4歳終盤)で、都合6年間のイヤイヤと家族3人のケアーに回ることで私が完全に疲弊したことでした。

【関連記事】⇒欲動?

スポンサーリンク
信頼感増加・ストレス緩和【オキシトシン】

「オキシトシン」が自閉症などの「自閉スペクトラム症」の症状に効果!
東大医学部の研究チームが実証!
(我が家でも現在使用しています)

拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha