ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:軽度アスペルガーな長男

長男

2~3歳:ごめんなさいが苦手だった軽度アスペ長男の理由

2014-03-25 Category:軽度アスペルガーな長男
スポンサーリンク
頭を下げることはあっても、
『ごめんなさい』は絶対に言わない。
口を真一文字にしっかり結んで、
歯をくいしばって言おうとしない。
■今だから分かること
当時の親としての私の失敗は、この態度が『罪を認めない!』的な態度だと一方的に思い込んでいたことです。
実際は『0か100か』の発想が基本だった長男は、私の想像以上に『罪』を意識していたようです。大事になってしまうから『軽く謝る』なども足がすくんでしまう。
また、『謝らなければならない』状況に戸惑い、パニックを起こし、途中に投げかけられた言葉や質問に対する答えを出そうと必死になってしまっていることも。場合によっては自分の行動の正当性を探すために思考を巡らせていることもあります。
正直、これが分かったのは娘が4歳後半に差し掛かってから。
娘で理解できて、長男の過去がわかったという、彼には非常に申し訳ない事例です。
(※もちろん逆ギレで謝らないこともありますが、そんな時はしっかり理解するまで説明します)
そしてこれが我が家の自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の当事者3人に共通していることでもあります。
4~5歳からは普通に謝れるようにはなっていましたが、それでもしでかした事が大きくなるとやはり沈黙してしまうことはあります。
そんな長男の場合、『目を見なくていいよ』と助け舟を出すようにしています。
想像以上に大きく捉えているわけですから、私が笑顔にでもならない限り緊張は解けないでしょうし、だからと言って私が笑うのも不自然です。
『目をそらす』自由がワンクッションになると、話す内容の入り方も違うようで、途中で自分から目をみながら訳を話しだしてくれたりします。
幼いうちは『ごめんなさい』を言わされることに対し、話を聞いてないように見えますが、しっかり蓄積していました。
後に他の経験とつながったり、前例ができると意外とすんなり動けるようになります。

【関連記事】⇒謝らない or 謝りすぎる

スポンサーリンク
拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

スポンサーリンク

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha