ASDでACの妻と
アスペルガーのこども2人を持つ
定型夫の研究帳を公開します。

Category:アスペルガーな娘

1歳:アスペの子はわざと怒らせる?

2014-03-18 Category:アスペルガーな娘
前に怒られたことを分かっていながらやる
怒られないようにするために、あらかじめ親から逃げる(壮絶に露骨)
お兄ちゃんが叱られてるのを見ながら、お兄ちゃんが叱られたことをやる
わざと怒らせようとしているのかこの子は!
と思ってしまうことも多い。叱られることを嫌がるあまり、先回りして余計な一手を打ち、自爆する。
■今だから分かること
目的があって本当にわざとやっていたこともありましたが、正確にはわざと怒らせているわけではないでしょう。また、これはうちの娘のことなので、他の子に当てはまるかは分かりません。
これは『正され嫌い』の発展系です。
もともと『0か100か』の2択で物事を捉えがちな娘。これは自閉症スペクトラム(アスペルガー)の典型でもあります。まだ善悪の判断がつかず、その判断を親に依存しきっている幼児時代は、『0か100か』を自分で判断することに非常に怯えていたようです。しなきゃいいのにしてしまうんですよ、これが。
父親との関係も『良いか悪いか』で考えようとするところがあり、褒められなければ認められていないと感じる極端な思考がありました。
そのため、叱られたり注意されたりすることを意識するあまり、自然とそのことで頭が支配され、最も避けなければと思っているはずの行動をパニックのうちになぞってしまう訳です。
娘がアスペルガー症候群の診断を受けるのは4歳の頃、それまではその存在も知らなかったため、『なぜわざわざ怒らせるんだろう…?』と首を傾げることが毎日のように続きました。さらにこの『わざと怒らせる』が『0か100』に関与していていたこと。親との関係をも『いい子(好かれる)/悪い子(嫌われる)』だけの、『0か100か』で考えているのがわかったのは5歳になってからです。
その考えにある矛盾を図に描いたり、ジャスチャーで教えたら、途端に『わざと怒らせる』はぱったりと止みました。※
嫌われる・怒られるのが嫌で、それを考えすぎるあまり、怒られることに頭のなかがまるっと『とらわれて』いたのではないでしょうか?

【※解決策になった方法の1つ】⇒依存と愛着

スポンサーリンク
拡散のために
▼ランキングサイトに参加しています。クリックすると、順位が上がる仕組みです。お帰りに読んだよーの1ポチおねがいします。
にほんブログ村 発達障がい児育児人気ブログランキング
いつもありがとうございます。
コメントを残す

コメントの方法
1:コメント枠クリックで名前記入欄が出てきます
2:名前記入欄クリックしてメアドと6文字以上のパスを記入(DISQUSなどに登録する必要はありません)
3:記入後、右の矢印をクリックで準備完了
4:コメント書き込み後、右下の『~名前~投稿』クリックで完了
5:メアド以外にもTwitter、Facebook、Google+、DISQUSのアカウントで投稿もできます

※メアドは公開されませんのでご安心をば。
※スパム防止のため認証制にしていますので、表示されるまで時間が掛かります。ご了承ください。

comments powered by Disqus
SWITCH! 生きるのが辛い時のラクになるメソッド

ご案内

サイト内検索

中の人

  • 夫。30代。
    定型。フリーのデザイナー。
    自宅で仕事をするかたわら、家事・DIY・訪問営業撃退に勤しむ。 本人は定型だが、何かしら発達障害との縁が深い。
    心労と過労で3度倒れ、一時はうつ状態に。 ところがどっこい完治なタフガイ。

Mail

※キャリアメール(ezwebやdocomo等の携帯メールアカウント)には返信ができないことがあります。
  • お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名
    メッセージ本文
    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha